人民防空隊

概要

かけがえの無い人民の生命と権利を守るために結成した部隊である。

部署

陸軍軍歌

海軍付属擬人化キャラ登録局

艦これ

桜花艦長の部屋

職種カラー

なお、国土防衛の強化のために、4つの「防衛線」を設定している。

隅田川防衛線・利根川防衛線

事実上の「国境」に該当する。

犬吠埼防衛線

本国飛び地と東日本との国境に該当する。

芝山・鹿島防衛線

鹿島から利根川防衛線を通って芝山に至る。なお、戦況によっては、陸上戦による国土荒廃を防ぐため、早い段階で兵力を同防衛線の北側へ引き揚げることとしている。JR成田線及び京成電鉄成田線は、状況に応じて封鎖される。

永田の壁

永田町から隅田川防衛線・利根川防衛線の一帯に設定されている。しかし、全区間壁があるわけではなく永田町東側―桜田堀―桜田門の一帯と定められてる。

人民赤軍

祖国統一、及び祖国防衛における基盤であり中心となる陸上兵力を主体とした戦力の保有、運用をする。標語は「精強」「愛国」。
兵力は四軍の中でもっとも多い45万人を有し、予算も約40%が同軍のものとなっている。
現在の保有する兵力は49個師団、12個旅団、2個砲兵団でこれらの約80%が本州に配置されている。

===== 戦力区分 =====
; カテゴリー?:15師団、3個旅団
: 平時の充足率90%以上。優良な装備は振り分けられ陸軍の主戦力を構成する。
; カテゴリー?:16個師団、6個旅団
: 平時の充足率が30%以上。90%以下のもので戦時体制に以降すれば呼集され戦力化される。
; カテゴリー?:14個師団、2個旅団
: 平時の充足率が30%以下。戦闘が長期化した場合に呼集され3ヶ月程度で戦力化される。

===== 実働部隊 =====
人民赤軍は祖国防衛において臨機応変なる対応を行う為、軍直属の部隊と5つの方面軍を配置する。

軍直属部隊

:中央警備連隊
:第11親衛自動車化狙撃師団[通称号:祖国]
:第101空挺師団
:第82親衛空挺師団
:第88特殊戦旅団
:第24ロケット師団
かすかべ防衛師団・通称「かすかべ防衛隊
:人民赤軍救世部隊http://www.salvationarmy.or.jp/

第5方面軍

:北海道と樺太を防衛し、東方有事の際は本州へ増援を派遣する。司令部は札幌。
:その戦力はカテゴリー?の師団が3と旅団が1、カテゴリー?の師団が4個、カテゴリー?の師団が7個。

第3方面軍

:青森、秋田、岩手、山形を防衛し、東方有事の際は第2、第7方面軍の後方を支える。
:戦力はカテゴリー?の師団が2個と旅団が2個、カテゴリー?の師団が7個と6個旅団、カテゴリー?の師団が7個と2個旅団。

第2方面軍

:帝都東京、千葉県と軍事境界線と接する重要部を防衛し、東方有事の際には第7方面軍の側方支援と
:東日本の中部方面への進出を阻止を行う。司令部は新潟。
:戦力はカテゴリー?の師団4個、カテゴリー?の師団が5個、1個砲兵団。
:また配下の第30空中突撃師団は空中機動師団である。

第7方面軍

千葉、帝都東京、東日本帝国飛び地の西東京市の東方有事の際にはもっとも重要な部分を防衛する。d
:戦力はカテゴリー?の師団が6個と1個砲兵団。

第8方面軍

第8師団、第19特殊師団と第5、第2、第3、第7各方面軍の管轄外の地域を管轄する。
===== 主要装備 =====

銃火器

55式拳銃TT-33改「黒星」 - 旧式かつ大型だが、打撃力が高いため、特殊部隊では現在でも用いられている。

61式拳銃MP「赤星」 - 小型で日本人の手にもなじみやすい。改良型の86式拳銃「金星」に交換中。

99式小銃AN-94「鳴矢」 - 原型で問題となった点を改善し、軽量化に成功。現在、急ピッチで交換中。

75式小銃AK-74「火矢」 - 現在でもなお陸軍の主力である小銃。

60式小銃AKM「鏑矢(改)」 - 現在は海軍陸戦隊に支給中。

48式小銃AK-47「鏑矢」 - 現在は人民郷土防衛隊に支給されており、人民諸氏が最も目にすることが多い銃である。

70式機銃PK/PKM - 車載用・小隊クラスの支援火器として導入されている。付属品の組み換えにより幅広い用途で運用が可能。

83式自動銃SVD - 小隊・分隊クラスで運用される自動式狙撃銃。空挺・自動車化部隊にはSVDSに相当する83式改が配備されている。

57式軽機関銃RPD - 7.62x39mm弾を使用する分隊支援火器。AK-47との互換性が少なく、現在ではRPKシリーズに置き換えられている。

64式軽機関銃RPK - AK-47とほぼ同一の機構をもつ分隊支援火器。現在もAK-47が配備されている2線級部隊や郷土防衛隊で運用されている。

80式軽機関銃RPK-74 - RPKをAK-74の5.45x39mm弾に対応させたもの。AK-74が配備されている部隊で広く運用されている。

86式擲弾筒GP-25 - 小銃の下部に装着する小型の擲弾筒。現在では発展型の86式改(GP-30相当)が生産されている。

65式無反動発射管RPG-7 - 人民郷土防衛隊にも支給。旧式だが、軽便で補給もしやすいため、現在でも第一線で用いられている。

95式無反動発射管RPG-29「南京」 - 国産化。原型は重過ぎるため、一部軽量化。

ランチャー8ネオ- 封印中

装甲車両

次期主力戦車 - 初の純国産戦車として開発中。南側の90式や米帝のM1シリーズと同等以上の性能を40トン級の車両で実現するとしている。

85式戦車T-85「砦」 - T-80UDを独自改良、国産化。

75式戦車T-72「巌」 - T-72を国産化。現在は近代化モデル「T-72-95「安東」」に改装中。

60式戦車T-55 - 退役中。

次期歩兵戦闘車 - 次期主力戦車に追随する走破性と高い居住性を誇る。主兵装は57mm機関砲と9M133対戦車誘導弾。既に完成しており次年度会計で制式化される予定。

91式歩兵戦闘車BMP-3「討伐」 - 国産化。大規模量産も計画されたが、次期歩兵戦闘車の開発により中止となった。

70式歩兵戦闘車BMP-1「征伐」 - 一部国産化。現在は近代化モデル「BMP-1-95「東征」」に改装中。

98式空挺歩兵戦闘車BMD-3「天伐」 - 国産化。

81式空挺歩兵戦闘車BMD-1「空伐」 - 一部国産化。現在は近代化モデル「BMD-1-99「穹伐」」に改装中。

90式装甲車BTR-80「荒熊」 - 国産化。

65式装甲車BTR-60「羆」 - 一部国産化。現在は海空軍に転任中。

海上部隊
国際貿易のための海路維持、海洋上における自国利益・自国民生命の防護、祖国への着上陸勢力の撃破を目的とする。標語は「防人」「鋼鐵」。
兵力は10万、艦艇総数は352隻。ちなみに大日本帝国海軍時代の艦も引き継いでる。
祖国への航空攻撃を阻止する航空兵力と高射砲兵を管轄する軍。

主要装備
[[ファイル:MiG-31 Firefox.jpg|thumb|天かける漆黒の翼であるMiG-31M「轟電」の勇姿。]]{{wikipedia|ファイヤーフォックス (映画)}}

MiG-31M 「轟電」防空戦闘機 - 230機

北海道、及び北関東に配備。世界で始めてステルス性能を有し、操縦士の思考をヘルメットから射撃統制装置へ直接伝達することで、計器操作をせずに攻撃が可能である。この即応性とマッハ5以上の超音速で、我が国の領空を侵さんとする資本主義陣営機は全て本機の餌食になる。この性能に驚愕した南日本では、本機を「火狐」と呼んで特に警戒しているという。尚、本機はMiG-25から大幅に改良された機体であるが、この改良には我が国の技術者も参加しており、量産機の主翼と電子機器は我が国で生産されたものである。

MiG-25PD 「瑞電」防空戦闘機 - 80機

東北に配備。燃料効率が低いという欠点を持つが、それでも最高速度は両陣営の全ての戦闘機よりも速く、その最高速度に追いつかれない資本主義陣営機は存在しない。

S-300PMP 地対空誘導弾

S-200改 地対空誘導弾

S-125改 地対空誘導弾

2K11改 地対空誘導弾

主要基地

丘珠飛行場

手稲飛行場

豊原飛行場

襟裳分屯基地

吉岡分屯基地

真駒内分屯基地


  • 最終更新:2016-11-01 20:27:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード