愛宕山

概要

地理的特長

思想鉱山http://katja11.wiki.fc2.com/m/wiki/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8?sid=b2o8cjc98tfio07hl66tm2dm44が西に50m行ったところにある。このあたり(犬吠埼自治州全域と鹿島市一部地域)はかつて軍事空港闘争が行われていた(現在の状況は不明)ため、思想鉱石は明るい赤色である。なお犬吠埼自治州のはずれに来ると、黒い(=右翼)思想鉱石が採れるが、質が悪い。これは東京都にある同名の山で立てこもり事件(後の愛宕山事件)が1945(昭和20)年8月15日発生したのに由来すると見られる。ちなみに赤い思想鉱石は水質浄化作用も持っているため鈴谷川水系(鈴谷川・愛宕川) 、コルイマ池は水質も良い。

範囲

響が丘市から那珂市中央区北部にかけて途中で鈴谷山脈につながりながら延びる。

施設

標高

25.7m

この地の名前の由来


  • 最終更新:2018-02-20 08:05:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード