日本社会主義共和国連邦の文化

主な番組

報道放送
基本的に政府からの広報、最新時局の解説、国内外の問題を有識者や公募で募った人民による討論などが放送されている。
民主左翼連合政権の番組

報道

人民の朝(朝7時から7時30分まで)

報道番組(2時間おきに10分間)

正午の報道(正午から15分)

6時の報道(夕方6時から1時間、地域のニュースのみ)

人民のカメラ(夜9時から1時間)

広報番組

政府広報

拉致問題啓発番組「めぐみ」(字幕付き)(日朝共同制作)

人民情報

書記長の言葉(毎週月曜日)

解説番組

ハタラケ!ジンミンヨ!

明日への指南

世界を見る

中共の明日

討論番組

日曜討論(帝政東日本の同名討論番組とは別)

討論・自決

みんなで話そう「祖国のこれから」

;教育放送
:主に午前中は幼児・小学生向けの教育番組(そのため、国内の全ての幼稚園・小学校には各教室に電視台がある)を放送しており、午後は専業主婦・高齢者向けの社会教育番組、夜は事実構成(ドキュメンタリー)番組「JBCS特集」、深夜は高校生向けの自習用番組を放送している。教養番組は世界各地に取材して製作する事実構成番組が好評で、特にソヴィエト連邦との共同制作である「オホーツク・海に生きる人々」は国際構成番組賞を受賞した。

;娯楽放送
:日々汗水たらして働く人民の休養や不満の捌け口として、過激なお笑い番組(政治ネタNG、但し資本主義・君主政治の風刺は可)や萌えアニメを中心に、人民の多種多様な嗜好にあった様々な娯楽番組が放送されている。電視劇(ドラマ)も労働者・社会主義上の功績者を描いた電視劇が、その哲学性や資本主義の矛盾を明確に示す描写が大きく評価されており、特に建国30周年記念番組として電視劇化された『蟹工船』は世界40ヶ国で放送された。開局以来、毎年一人の社会主義運動家を描く「大河電視劇(ドラマ)」も好評で、毎年次年度の作品を特別番組で発表するほどである。現在は国民的英雄である徳田球一の生涯を描く『永重不朽』を放送中。
:また、近年は帝政東日本の日本放送協会との協力体制を築き、娯楽番組に限り、日本放送協会の番組が放送されるときがある。

多様性(バラエティー)番組

:話の泉(対話番組)
:月刊驚愕(第3木曜日)

思考(クイズ)番組

:頭の体操(同名の雑誌と連動)
:魔法頭脳力!!(日本電視)
:問題商売!ショーバイ!(日本電視)
:世界の話

歌番組

:歌謡の時間(毎週火曜日放送、放送開始以来続く長寿番組である)
:世界の音楽
:Музика Япония(若者向け)
:国営金冠堂協賛素人民謡名人戦

お笑い番組

:紅白お笑い合戦
:落語の時間
:小点(帝政東日本のテレビ番組を参考にした素晴らしい落語番組)
:東の人々(ひたすら帝政東日本を風刺したコントを放送)

電視劇(ドラマ)

:大河電視(前述)
:朝の連続電視劇番組
::鰐工船(小林多喜二原作)
::党生活者(小林多喜二原作)
::太陽のない街(徳永直原作)
:俺飛行士になります!(人民空軍が全面協力した大人気超大作)
:おしん(東日本製作)
:不平衡地域 ~奇妙な話~
:血の海(朝鮮中央放送製作)

アニメ・特撮

:チェブラーシカ(ソ連との合作)
:こぐまのマーニャ
:キャララ軍曹
:ドラえもん(東日本製作)
:戦隊|共産戦隊ダイロシアン(共産圏共同制作)
:ボリショイマンシリーズ
:仮面の騎士 赤風
:がんばれレッドビッキーズ

萌えアニメ作品

元々萌えアニメ作品は政治的な理由で放送することは時間帯制限がされていたが、2005年に法律が改正され自由に放送できるようになった。

著名な萌えアニメ作品

:ソラリスの陽の元に(スタニスワフ・レフ原作)
:共産少女ともこちゃん
:もしも高等学校野球部の女子補助員がマルクスの『資本論』を読んだら

雑誌

週刊

週刊潮流

週刊労働

現代人民

人民婦人

週刊ロシア

チョイさんの沖縄日記

最前線(写真週刊誌)

(月刊・隔週刊)

文化評論

前衛

経済

新日本文学

学習の友

月刊娯楽

よいこのとも

鉄道愛好者

世界の艦船

航空情報

現代技術

電視世界

動画研究

山と渓谷と旅

月刊電波

人民芸術

人民の科学

子どもの科学

よいこのまるくす

社会主義研究月報

頭の体操

社会教育

軍事研究

映画旬報

海外事情

人民史研究

共産党のうふ~ん

漫画雑誌

:我が国の漫画は全世界でも東日本に次ぐ出版点数を誇る。東日本の漫画雑誌は競争主義の悪弊による乱立で自滅しつつあるが、我が国は各ジャンルに週刊誌と月刊誌それぞれ一種類ずつなのでその様な心配が無い。従って、内容に問題が無い限り、作者は自分の思い通りに作品を終わらせることができる。「読者質問調査(アンケート)」を隠れ蓑に商業主義に走る東日本の某漫画雑誌等を見ていると滑稽にしか見えない。

週刊漫画

週刊風刺

漫画倶楽部(隔週刊四コマ漫画誌)

あかつき(週刊青年誌)

午後(月刊青年誌)

週刊少年(週刊少年雑誌)

月刊少年(月刊少年雑誌)

週刊乙女(週刊少女雑誌)

月刊同朋(月刊少女雑誌)

月刊カチューシャ(月刊少女雑誌)

萌芽(所謂萌え雑誌。月刊)

月刊マルクス(月刊マルクス主義解説雑誌)

月刊よいこのロシア


  • 最終更新:2016-04-11 00:50:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード